アラウンドバースボディケア・スクール

一般社団法人 アラウンドバースボディケア協会認定校

マタニティ整体

腰痛とお腹の張りについて

先月から始まったスクールも、はや5回目。

すこしずつ具体的な症例のお話に入ってきています。

昨日のテーマは腰痛とお腹の張りについて。

腰痛といっても様々ですが、一般的に腰痛といわれる症状の中でも例えば椎間板ヘルニアや脊柱間狭窄証などの原因が明確に確定できる腰痛というのは全体のおよそ15%、それ以外の、原因が明確に特定できない腰痛(非特異的腰痛といいます)は残りの85%を占めるといわれています。

当然、私たちが整体師として対峙するのは後者の非特異的腰痛で、さらに慢性腰痛と急性腰痛に分けられます。

明確な原因が明らかでない以上、その痛みが何に起因しているのかというのは我々整体師が原因を推量し、それに対処していくようにすすめていかなくてはいけません。
すなわち筋肉の緊張や痛みの発生部位、日常のクセや生活習慣も含めた全体を確認しながら仮説を組み立てていく必要があります。

さらに、妊婦さんにつきものなお腹の張りというものもあります。

お腹の張りを整体で改善することはできませんが、それに伴う身体の不調を訴えて来院される方もいらっしゃいます。

その方にはどのように応じ、どのような施術をおこなっていけば良いのか?

通常の非特異的腰痛への施術とは何が違うのか?

そのあたりをしっかり学んでいただきました。

IMG_5511

実技は背中から肩にかけての押圧について。

そろそろ自分の身体の正しい使い方がポイントになってきます。

改めて基本をしっかり見直していきましょう。

 

COMMENT ON FACEBOOK