アラウンドバースボディケア・スクール

一般社団法人 アラウンドバースボディケア協会認定校

Blog

「型破り」なセラピストになるために

KATAYABURI

整体師にとって一番大切なことはなにか?

それは「型」を身体に染みこませることだと思います。

 

「型」というのは物事の基礎や根底となるベースのことです。

整体に関して言えば基本的な身体の使い方がそれにあたります。

施術にあたる際の姿勢、立ち方、重心の取り方、重心を移動させる方法、そしてその重心移動を押圧の力に変えるための方法などがそうです。

また、押圧するポイントの探し方、押し方、タッチ、押圧方向、押圧したあとのケアなど……。

いちいち列挙していたらきりがないですが、それらひとつひとつをしっかりと学び、反復して練習することで自分の身体に「型」として染みこませる。

そうして得た「型」は、セラピストとしてのアイデンティティともいうべき、自分の施術の拠り所となります。

そのような「型」を身につけてはじめて、自信を持ってクライアントの身体に触れることができるようになります。

また、「型」を身につけているからこそ、そこに新たなテクニックを積み重ねていくことも可能となります。

 

『型のある人が型を破ることを型破りといい、型のない人が型を破ることを型無しという』

歌舞伎役者の中村勘三郎さんの言葉だそうですが、これは整体の世界でも同じことがいえます。

目新しさに惹かれて一見従来とは違うことを始めてみたとしても、基礎や基本となる「型」がしっかりしていないとそれは「型無し」でしかないということです。

土台が脆いので大仰な上物を支えることができず、結局根底から崩れてしまうことになります。

逆に一見「型破り」なことをしながらも結果を出し続け、自分を伸ばし続けている人もいます。

そのような人は、自分の「型」である基礎・基本を大切にしているのです。

 

産後の体型戻しエクササイズの類なども、実は同じようなことが言えます。

世の中にはきらびやかに宣伝されている様々な体操やエクササイズのDVDなどがあります。

また「これだけで痩せる!」といった類の宣伝文句が踊る商品も多数あります。

皆さんついついそういった方にばかり目が行きがちなのですが、本当に産後の身体にとって必要なエクササイズというのは得てしてシンプルな動作の積み重ねだったりします。

地味な動きを反復して繰り返し、積み重ねていくことが体型戻しの王道なのです。

しかし悲しいかな、皆さんどうしても近道をしたがります(笑)

根底の部分がまだ緩んでいるままで中途半端に近道をしたがる、その結果にっちもさっちも行かなくなってしまう。

すなわち「型無し」の状態に陥ってしまう方が多いようです。

 

私たちは整体師として、シンプルなエクササイズを継続して積み重ねることの大切さを理解してもらえるように提案していかなくてはいけません。

クライアントのモチベーションを保ちながらしっかりと「型」を身につけさせ、更なる次のステップに向かって歩みを進めさせる。

そのようなスキルを身につけた整体師は、今までの骨盤矯正の常識から一歩抜け出せる「型破り」な整体師であると言えます。

そしてそのような「型破り」こそ、これからの時代に必要なのです。

 

 

COMMENT ON FACEBOOK